外壁塗装・屋根塗装はグリーンパトロール(鎌倉市|茅ヶ崎市|藤沢市)
外壁塗装・屋根塗装 お問い合わせ

施工事例

施工事例のご紹介

神奈川県茅ヶ崎市 A様邸 軒先修理、屋根修理、外壁塗装

台風通過で、軒先の表面が剥ぎ飛ばされてしまった、A様のお宅。
軒先修理、屋根修理、外壁塗装 施工事例軒先に染み出した雨水が原因で、表面の板がふやけて波打ち、そのブヨブヨになっていた表面が、今回の台風で剥がれ落ちたようです。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例こちらの軒先も波打ってブヨブヨになっています。雨水が入り込んでいる証拠です。
青木様のお宅は、今回の台風で室内に雨漏りし、お部屋の天井にこのような雨ジミができてしまいました。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

玄関の上の軒先も、毎年やって来る暴風雨によって雨水がまわり、濡れては乾きを繰り返すうち、塗装が剥がれてしまいました。

軒先は家を守る最前線、風あたり雨あたりが最も強い場所です。軒先を見れば、その家の傷み具合がわかると言われるほど傷みやすい場所で、最も水が浸入しやすいのは、L字に折れ曲がった角の部分です。定期的に木部塗装をしてメンテナンスしないと、水がまわってきて腐り、穴があいてしまいます。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

こちらの写真をご覧ください。瓦が吹き飛んでいます。瓦をとめる銅線が強風であちこち切れ、瓦が飛んだりずれたりしています。真っ直ぐに並んできた瓦もガタガタに歪んでいます。

屋根に上がってみると、このようにひどい状態ですが、意外と気づいていないお宅も多いのが実状です。 吹き飛んだ瓦が庭先などに落ちてくるとわかりやすいのですが、下に落ちずに屋根の上に残ったままだと、室内に雨漏りしてくるまで、屋根の異常に気づかない・・というケースが多いのです。屋根の状態は下から見上げてもわかりにくいので、注意が必要です。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

こちらも、瓦をとめていた銅線が切れ、瓦が吹き飛んでしまいました。無残にも引きちぎれ、残った銅線の一部が、台風の風の強さを物語っています。

地震や台風で揺り動かされると、瓦の下の土(粘土)に隙間ができ、その隙間に雨水が入り雨漏りしてしまいます。こちらのお宅のように、「うちの瓦の下にも土が入っている」というお宅は、台風や暴風雨が来る前に一度、屋根を点検されてはいかがでしょうか。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

こちらは、瓦の口が開いてます。しかも一箇所だけでなくあちらこちらで。

真っ平らだった瓦の下の板が、地震や台風が原因で腐って平らではなくなり、波打ってきているため、このように瓦が浮いたりずれたりしているのです。

通常の雨では雨漏りしなくても、大量の雨や横殴りの雨では、ここから雨水がどんどん入り、屋根裏や軒先の内部は雨水でビショビショになります。すると、室内に雨漏りしたり、軒先の表面がふやけてブヨブヨに波打ってきたりします。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

さらにこちらは、しっくいが台風で欠落し、内部が見えてしまっています。ここからも雨水が染み込み、雨漏りの原因となります。


 

外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

こちらは修理後の写真です。剥ぎ飛ばされてた軒先や、雨水が入り込んでブヨブヨに波打っていた軒先を張り替え、雨水が入り込まないように塗装を行いました。新築したてのように美しくなっただけでなく、防水効果もアップしました。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

雨漏りしてシミができた天井板は塗装し、新築同様になりました。

大工さんに依頼すると、天井板をそっくり新しいのに取り替えるケースが多いのですが、それでは費用がかさみます。今回は塗装でカバーできるものでしたし、取り替えるより塗ったほうが費用対効果が高いと判断し、塗装という方法をとりました。リフォームの方法は一つではありません。いつも私は「お客様にとって最善の方法をとりたい」と考えています。それで儲けが少なくなっても、お客様が喜んでくださったらいいのです。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

屋根は、軽くて耐久性が高いガルバリウム鋼板に葺き直しました。

これまで、約5000キログラムもの瓦が屋根の上に載っていたのが、300キログラムのガルバリウム鋼板に代わり、耐震強度が大幅にアップしました。

外壁を覆っていたツタは全て取り外しました。これがなかなかのクセモノで、触手が壁に吸盤のようにビッタリ貼り付いていて、はがすのに一苦労でした。(笑)

外壁は塗膜が切れており、水をはじかずに吸い込むような状態になっていました。このままでは家の中に湿気が入ってきてしまうので、塗装し直しました。塗り直された外壁はツルツルになり、今後はツタが外壁に貼り付く心配はありません。


外壁塗装、屋根塗装 施工例事例

また庭木の剪定もさせていただきました。屋根から室内、庭までトータルで対応できるグリーン・パトロールなら安心です。

「大地震がくるのが心配だったけど、屋根が軽くなったから安心だよ。外壁も塗り直してもらって、新築みたいに綺麗になって気持ちがいいね。グリーン・パトロールさんに相談すれば、家全体を見てもらえるから安心だよ。」と、青木様には大変ご満足いただけました。

神奈川県寒川町K様邸 屋根修理·シロアリ改修工事

神奈川県寒川町にお住まいのK様から雨漏りのご相談をいただきました。

こちらのお宅は、K様が幼い頃住んでおられた家で、17年間空き家の状態でしたが、また戻って今お住まいになられているそうです。空き家にしていた17年間、一度も手を入れていなかったそうで、そのせいか雨が降ると部屋の中に雨漏りしてお困りとの事でした。

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

実は既に1社、屋根修理業者に相談して屋根葺き替えの見積もりをもらったそうですが、「本当に屋根を葺き替えるしか方法がないのか心配になって、グリーンパトロールさんに相談してみようと思いました。」とのお話で、病院でいうところの「セカンドオピニオン」でご相談くださったそうです。

弊社の一級建築士を伴い、まず家の中を拝見したところ、廊下の壁のクロスに雨水が伝った跡の雨染みができていました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

部屋の中は天井にも雨染みができていて、壁のクロスはのりがはがれ、めくれてしまっていました。雨水をバケツで受けるほどの雨漏りで、とても困っておられるとのお話でした。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

外に出て、家の周りをぐるりと回って調べると、浴室脇の外壁に大きなひび割れを見つけました。ひび割れしている個所が膨らんでいたため、もしかしたらシロアリが入っているかもしれないな・・と思いました。外壁のひび割れの膨らみは、シロアリ被害の特徴だからです。

雨漏りは、屋根の上に上がって確認する必要があるので、日を改めて伺うことにしました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

雨漏りが激しかった部屋の屋根を調べます。下から見るとわかりませんが、屋根の上にあがってみるとひどい状態でした。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

瓦がめちゃくちゃに割れ、下地のルーフィングも切れ、棟瓦も一部なくなっていました。

過去に誰かが屋根に上がった際瓦を踏み割ってしまったのか、何かが飛んできて当たって割れたのか、いずれにしても雨漏りして当然という状態でした。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

次に外壁を調べます。キッチンの外側の壁に大きなひび割れがあり、キッチンの柱にはシロアリに食害された跡があったため、キッチンの外壁を開いて調べる事にしました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

外壁を一部開いてみると、やはり思った通り!柱がシロアリ被害にあっていました。よく見ると、生きたシロアリが数十匹うごめいていました!

シロアリに食べられボロボロになった柱は手で簡単に取れ、そこにも生きたシロアリがいました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

K様のお話しでは、17年間放置していた家に戻ってみると床がブヨブヨになっていたので、ご主人が床をあけて調べてみたそうです。すると床下にシロアリが!そこでシロアリ駆除業者を呼んでシロアリ消毒をしてもらい、それがほんの3ヶ月前の事だったそうです。もうシロアリは解決したと思っていたK様は「壁にまでいたなんて!」と驚いておられました。

通常シロアリ消毒業者が行う消毒は床下のみなので、このように壁の中にシロアリが入っている場合は薬剤が届かず殺せないのです。ですので、シロアリが外壁にまで到達している場合は、シロアリ消毒業者でなく、我々のようなシロアリ駆除のできる工務店にご依頼いただかないといけないのです。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

シロアリ被害にあった外壁の補修工事が始まりました。外壁を取り除いてみると、柱と梁のあちらこちらがシロアリ被害にあいボロボロになっていました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

シロアリの食害でボロボロになった柱は、家を支える機能を果たしておらず、ラスカットと呼ばれる左官下地用の壁面ボードで、かろうじて強度が保たれている状態でした。こんな状態でもし大地震が起こったら、家は倒壊してしまいます。大地震が起こる前で良かったです。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

洗面所と浴室の外壁の柱は、新しいものに交換したり加えたりして修理しました。その上にラスカット材をはり、左官工事をして、外壁をきれいに塗りなおして完成です。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

見違えるようにきれいになりました。外壁塗装をすると、まるで新築のようになりますね。柱や筋交いが新しくなり、耐震性能が高いラスカット材をはったので、地震に強い家になりました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

玄関脇の外壁を開けて調べるとこちらもシロアリ被害にあっていました。ボロボロになった柱は交換し、修理・補強します。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事

修理が終わったら、こちらにも耐震性能の高いラスカット材をはって左官工事をします。外壁塗装が完了し、きれいで丈夫な外壁ができました。


屋根修理·シロアリ改修工事

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

次は屋根を修理します。割れた瓦と切れたルーフィングは取り除き、防水コンパネをはった上に、新しいルーフィングを敷きます。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

こちらは棟下地を作っている様子です。下地ができたら棟包み板金を取り付けます。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

新しい屋根材は、ガルバリウム鋼板です。ガルバリウム鋼板の屋根は軽く耐久性があります。錆びに強く長持ちするのです。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

天窓の周りは雨が漏るポイントです。そもそも屋根に穴を空けて天窓を設置いているわけですから、雨漏りしやすくなるのは当然です。時間の経過とともに天窓周りの防水機能が劣化するので、10年~15年程で雨漏りしてくるケースが多くみられます。

天窓周りを雨漏りしにくくするため、雨水が入らないようにする水切りを丁寧に取り付けました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

瓦が割れて雨漏りしていた屋根が、ガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えられ、綺麗になりました。これでもう雨漏りの心配はいりません。


屋根修理·シロアリ改修工事

重い瓦の屋根だと、もし大地震が起きた際、その重量で住宅を押しつぶしてしまう危険性がありますが、軽いガルバリウム鋼板の屋根に葺き替えたので耐震性能がアップしました。屋根はできるだけ軽い方が地震に強いのです。


屋根修理·シロアリ改修工事

外壁の施工前・施工後です。シロアリを駆除し、シロアリの食害にあった柱や筋交い、梁を交換・補強したので、外壁が強くなりました。屋根も軽くなったので、家全体の耐震機能がアップし、地震に強い家になりました。


屋根修理·シロアリ改修工事 施工事例

外壁修理と屋根修理が完了しました。もう雨漏りの心配はありませんし、地震に強い家になったので、安心して暮らしていただけます。

「最初に見てもらった業者に屋根修理を頼んでいたら、外壁のシロアリ被害に気付かないところでした。グリーンパトロールさんに相談して良かったです。お陰様でとっても綺麗になりましたし、何より安心しました。本当にありがとうございました。」とK様は大変喜んでくださいました。

外壁のひび割れは「塗ってきれいにすれば終わり」と思っていらっしゃる方が多いですが、実はK様のお宅のようにシロアリ被害にあっている場合があります。シロアリに食べられた柱は強度がなくなり、大地震が来た時大変危険です。

外壁にひび割れを見つけたら、ペンキ屋さんに相談するのではなく、あなたの街のハウスドクター狩谷 昌伸にご相談ください。


茅ヶ崎市 Y様邸 サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

茅ヶ崎市のY様邸の奥さまはサイディングの目地のひび割れを発見し、どこの業者に頼んでよいのかわからず、インターネットでこう検索したそうです。
「サイディングの目地が割れてきた修理を茅ヶ崎でしたい」このキーワードでは出なかったそうですが、色々調べて、グリーンパトロールのサイトを発見し、連絡くださいました。

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

まずは現場調査です。左の写真はサッシ窓枠横のサイディングからクラックが見られます。 右はサイディングの目地の部分。コーキング(シーリング)がはがれている箇所が 何箇所もありました。


サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

こちらの写真はサイディングにひびが入り割れています。


サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

高所までクラック(ひび割れ)や破損が見られましたので、足場を組み、高いところも見逃さないよう、準備します。


サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディングの目地やひび割れのまわりにマスキングテープをしてコーキング(シーリング)していきます。


サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

サイディング 目地 ひび割れ コーキング工事

足場もはずれて無事に作業終了です。
下地が見えていたサイディングの目地は、しっかりとコーキング(シーリング)処理されたので 雨水が浸入する恐れはありません。

茅ヶ崎市 S様邸 外壁塗装工事

茅ヶ崎市のS様邸も弊社をごひいきにしてくださっているお客様です。

新築して以来、一度も 外壁塗装をしていないので奥さまが心配されて、塗装診断をすることになりました。点検してみると、家に隣接している収納庫の軒天は剥がれていました。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

チョーキングやクラックもありましたので奥様にご説明し、お見積もりを提出しました。 奥様も塗装をしていないことが気になるとのことで外壁塗装工事となりました。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

足場を組んでマスキングをし塗装工事が始まります。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

写真ではわかりにくいのですが、外壁塗装工事完了です。

収納庫の軒天補修も完了です・・(写真を撮影しわすれましたm(*- -*)m

外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁塗装工事

横浜市 H様邸 外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁塗装工事

横浜のH様邸は弊社を御ひいきにしてくださる大切なお客様です。今までにキッチンや浴室・洗面所・外構のリフォームで何度もお世話になっているお客様です。今回は外壁と屋根の塗装診断をしてほしいとの事で、早速診断いたしました。写真では分かりにくいのですが外壁はチョーキング現象(手に白い粉がつく現象)が起こっていました。これは塗装膜が劣化して防水性能が低下しているサインです。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

屋根点検も一緒におこないました。屋根材の表面にうっすらと苔が見えていますが、まだ問題になる状態ではないので今回は屋根塗装なしで大丈夫です。一般的な塗装業者さんに相談した場合は、屋根塗装をしないと雨漏りの原因になると脅かされてしまうので、ついその気になって、屋根塗装をしてしまうのですが、弊社のアドバイスは一味違います!棟板金や谷にも異常が無かったので交換の必要はありません。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

左の写真は奥さまが気にしていた雨戸です。日光や風雨にさらされて塗装が剥がれてきています。右の写真にあるベランダの手摺部分の白いブツブツはアルミのサビです鉄のサビは茶色ですが、アルミのサビは白色です。新築時に納品されたアルミ手摺の焼付塗装が悪かったのでしょう、海の近くでもないのに酷い状態です。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

今回は外壁だけ塗装すれば大丈夫だと奥様にアドバイスしましたら、「他の塗装業者さんは屋根も塗るように勧めてきたのに狩谷さんは無駄な費用を掛けないように提案してくれるので助かるわ♪」とお褒めの言葉を頂きました。ご近所に工事予定のご挨拶をしてから、さあ、足場を掛けてネットを張って作業開始です。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

外壁部分は、高圧水洗浄後に下地処理をしてシリコン樹脂塗料で塗装しました。雨戸部分は、剥がれたりサビたりしている塗膜を充分なケレンで剥がして、鉄部専用塗料を塗りました。家がドンドン綺麗になって、新築の時と同じイメージになっていきます。

外壁塗装工事

外壁塗装工事

「仕事で留守が多い我が家ですが、メールやファックスなどで対応していただき、綺麗に塗装してくださいました。ありがとうございました。」と御礼のお言葉をいただきました。「♪ 住宅リフォームの仕事をやって来て良かった ♪」っと幸せを感じるひとときです。

茅ヶ崎市・H様邸 外壁塗装及びシロアリ診断工事

築14年目のH様邸。新築後初めての外壁塗装工事です。

これまで、洋室リフォーム・耐震診断・棟瓦補修・排水管洗浄等いろいろなご相談がありましたが、今回は訪問販売の塗装業者がしつこく営業してくるので、外壁塗装診断を申し込まれました。

診断してみると、本来なら新築後10年前後で再塗装が必要な塗料を使用していましたので、塗膜が劣化して雨水が外壁内部に滲み込み始めている状態でした。汚れも相当目立ってきていましたので、外壁の塗り替えをご提案しました。

外壁塗装及びシロアリ診断工事

実は、H様邸は4年程前に羽アリの被害にあっていました。

ある朝、奥様からのあわてた声で、「朝起きたらお風呂場のタイルの壁に、たくさんのアリがいるんですよ!」

との電話がありました。取り急ぎ付けてみると、羽アリは巣立ったあとで、さいわい発生した羽アリはシロアリではなく、俗称茶黒アリと呼ばれているアリでしたので、建物に大きな被害はありませんでしたが、この茶黒アリはシロアリの卵を餌にしているアリなので、

シロアリが近くにいる証拠です。そこで建物の外側を調べていくと・・・

外壁塗装及びシロアリ診断工事

風呂場の外壁に立てかけていた古材木がシロアリの被害にあっていました。

外に放置しておいた木箱やダンボールから、シロアリの被害にあうケースは意外と多いですよ。そのようなものを放置しないよう、気をつけてくださいね。

外壁塗装及びシロアリ診断工事

塗装工事が終り、H様からは「まるで新築のようだわ!」と、喜んでいただきました。

塗装前は、毎日のように訪問販売の営業の方がきて、「格安で外壁塗装をしませんか?」と言われ断るのに大変だったそうですが、きれいになった途端、来なくなったそうです。

H様が笑顔で話されているのを見て、私まで嬉しくなってしまいました。

外壁塗装及びシロアリ診断工事

茅ヶ崎市 F様邸 屋根葺き替え及び外壁塗装工事

仕事の関係で転勤になった息子さんが北海道から連絡をくださいました。北海道と聞いて最初はビックリしましたが、何故弊社に電話をくださったのかをお聞きすると、お母さんが住むご実家の外壁塗装と屋根の葺き替えをする際に、地元で、お母さんが家の事で困ったときにすぐに飛んできてくれるような業者はないかと探していたところ、弊社の道具箱訪問サービスなどの載っているホームページを見て問い合わせしてくださったとの事。嬉しい一言でした。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

まずは現場調査をしました。外壁・屋根は塗装がひどく剥がれている状態で、外壁パネルの下端部分が腐食してめくれ上がってきていました。このまま放っておくと雨漏りの原因にもなります。濡れ縁はシロアリに食われてボロボロのため撤去し、新しいものを設置することになりました。打ち合わせは北海道の息子さんとはメールで、お母さんとは直接お会いして打ち合わせをしていきました。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

まず、外壁パネルの酷く剥がれた箇所は雨漏りしないようにケイカル板を張り、これ以上剥がれないように処置をしました。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

足場を組み、屋根の重ね葺きを行いました。
40年のコロニアルの屋根でしたから、表面が剥げてだいぶ痛んでいた様子でした。幸い屋根下地がしっかりしていましたので、アメリカ製の軽い屋根材「ファイバーグラスシングル」を重ね葺きすることにしました。この工法ですと、解体時のアスベスト飛散もなく安全で、屋根が2重構造になることから、室内の断熱性能が向上して、冬暖かく夏涼しい家に生まれ変わります。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

濡れ縁はデッキのように広く快適な空間になりました。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

ケイカル版で補強したところも、きれいに塗装されました。樋や面格子も塗装します。

屋根葺き替え及び外壁塗装工事

工事完成直後、大型の台風が近所に上陸して、高速道路が流されるなど大変な被害を受けましたが、「新しい屋根にしたせいか、雨音があまりしなかったのよ」とお母様からお褒めの言葉をいただきました。北海道の息子さんに施工後の写真をメールしたところ、非常にきれいになったと大変喜んでいただきました。息子さんとは一度もお会いすることなく工事をさせていただきましたが、メールなどの対応でスムーズに作業ができました。

茅ヶ崎市 K様邸 外壁塗装及びリフォーム工事

シトシトと降り続く梅雨の後は、風雨ともに強い台風の季節がやってきます。皆さんのお宅の台風対策は万全ですか?外壁に亀裂がないか?屋根材がはがれていないか?樋がつまっていないか?お天気の良い日に家の周りを点検してみてください。建物を長持ちさせるポイントは、雨を家の中に入れないことです。雨水はちょっとした隙間から浸入してきます。おかしいなと感じたら、すぐに専門家に相談することが大切です。

外壁塗装及びリフォーム工事

ご近所で外壁塗装工事をしていたのがキッカケで、リフォーム工事を申し込まれたK邸は築23年。外壁が傷んでいたので塗装業者の営業が何社も来ていたとのことです。アルミの玄関ドアのパネル部分が腐食して穴が空き始めていたので、すぐにトステムの藤沢ショールームにお連れして、気に入ったデザインの玄関ドアを選んでいただきました。

外壁塗装及びリフォーム工事

室内に入ってビックリ!洗面所や廊下、リビングの壁には大きな穴がポッカリ空いています。奥様に理由をお聞きすると、穴を空けた犯人は今ご主人とお散歩中とのこと。しばらくすると帰ってきました。シェパードと柴犬の血を引くテリー君。室内犬としては大型なので、勢い余って壁に穴がポカリ。納得です。テリー君に穴を開けないようによく言い聞かせて、リフォーム工事は始まりました。

外壁塗装及びリフォーム工事

玄関ドアはアルミ製のシックなフロンズ色の扉に交換。今まではドアの上にガラスの欄間が付いていましたが、今度は大きな一枚の扉で立派です。大きな荷物の出し入れに備えて、親子ドアに変えました。テリー君があけた壁の穴を大工の村上が丁寧にふさいで、パテを打って、上からクロスを貼りました。クロスを貼り替えるだけで、部屋の明るさが違います。

外壁塗装及びリフォーム工事

洗面所・トイレ・リビング・ダイニングキッチン・玄関ホール・廊下・階段・2階の洋間と、ほとんどのお部屋のクロスを貼り替えたので、室内は新築同様です。外壁もウレタン塗料で丁寧に塗装されて、築23年とは思えないほどきれいになりました。2年程前に修理した雨漏り部分も無料点検したところ問題はなし。サービスで高基礎とブロック塀の汚れをジェット水流で洗い流して、ピッカピッカのお宅になりました。

茅ヶ崎市 I様邸 屋根瓦葺き替え工事

瓦の補修工事真っ最中の茅ヶ崎市 I邸です。瓦がずれて中の土が見えてしまい、雨風によって削られて小さくなってしまっています。このままにしておくと瓦が飛んでしまったり、ずれ落ちたり、雨漏りしてしまいます。丁寧に瓦をはずして、もと通りに葺きなおすのは根気のいる大変な作業です。

屋根瓦葺き替え工事

瓦がはずれて落ちてきたり、軒天に穴があいてしまったり、外壁のペンキがはがれてるのも要注意!雨漏りの原因になります。定期的に健康診断をするように、自分の家の周りを点検してみましょう。屋根などの高所で自分ではチェックできないものは大はっし晴夫建築事務所の無料診断をご利用ください。

屋根瓦葺き替え工事

I邸(左)も・K邸(右)も足場が組まれ、梅雨対策工事実施中!!

屋根瓦葺き替え工事

茅ヶ崎市 S様邸 耐震補強工事

築28年の中古住宅を買入してお住まいのS様、耐震強度に不安を持ちながら生活されていました。道具箱訪問で雨樋修理をされたのをきっかけに、耐震診断をさせていただきました。結果、耐震強度0.5以下、大倒壊が予想されることがわかり、耐震補強工事を申し込まれました。

耐震補強工事

屋根裏の様子です。今まではカスガイというU字型の小さなクギで固定されていたのを耐震金物で固定しました。Aは火打金物。特に横揺れした時、建物の歪みに対して強さを発揮します。Bは結束金物。小屋束・梁が離れないように固定します。

耐震補強工事

外壁側からの耐震補強の様子です。スジカイに使われている材木の巾が18ミリ薄く、片スジカイのため横揺れに弱い構造になっていました。土台もシロアリの食害を受けています。耐震診断の結果、30ミリの材木で両スジカイを入れる必要がありました。

耐震補強工事

30ミリ厚の両スジカイを入れ、引き抜け防止にスジカイプレートをガッチリと取り付け構造用合板を貼って完成!両スジカイにしたので、両方向からの横揺れを防ぎます。補強のために脱着した戸袋にベニアを貼り、切断された外壁を左官仕上げして外壁塗装をすれば耐震補強工事が完了です。

茅ヶ崎市 K様邸 リフォーム工事

K様は以前にもトイレの移設やお茶室のリフォーム・外壁塗装などを施工。色々な仕事をさせていただいているお得意様です。今回は和室をキッチンと繋げダイニングキッチンとして使いたいとの依頼でした。

リフォーム工事

キッチンの床もはがれ、畳も古くなっています。お客様とも相談して、キッチンから和室までをフローリングにすることに決定しました。

リフォーム工事

茅ヶ崎市 H様邸 デッキ工事

デッキ工事

いつもお世話になっているOBのお客様のご紹介で伺ったH様邸。エアコンの室外機を移設して、デッキを作りたいとのご要望でした。

デッキ工事

隣家の目隠しとしてウッドフェンスも作りますが、高さは控えめにして隙間のないフェンスにします。エアコンの室外機は家の裏側に移設して準備完了。土台、柱、デッキと作り上げていきます。車庫側に御主人が並べたレンガを綺麗に並び替え、付け足してデッキの側まで敷き詰めました。デッキ工事

リビングや勝手口からデッキに素足で行けるように段差をなくしました。窓を開けるとリビングと一体化。広々とした印象に・・。今まで外にあった外水栓もデッキの上で使えるように仕上げました。鉢植えのグリーンを置いたり、色々楽しめそうです。


お問い合わせ


Scroll Up